ウエディング
レンタルスペースバナー
福祉・癒しサポートバナー

彩花だより

いま見ごろを迎えている、園内の花・おすすめのスポットをご紹介します。

2017年3月15日

4月に見ごろの花

4月にご覧いただける代表的な花たちをご紹介いたします。
チューリップ
分類:ユリ科
別名:ウッコンコウ
学名: Tulipa gesneriana
チューリップが咲くガーデン:花の谷、コテージほか

ユリ科の多年草。花茎は鱗茎(球根)から出て下半に狭長楕円形の葉をつけ、春に六弁壺形の大型の花をつけます。普通は1個を頂生しますが、2〜3個枝先につけるものもあります。花の色は白、赤、オレンジ、緑、黄、黒紫などの単色や複数の色のものなど多彩で、八重咲き、枝咲きなど非常に多くの品種があり、花弁が細かく切れ込むフリンジ咲き、花弁全体がよじれて狂い咲きになるパーロット咲きなどもあります。排水がよく乾燥しない、日当たりのよい場所でよく育ちます。チューリップは国家や地方公共団体等を象徴する国花や県花として制定されており、花の栽培や球根の生産は元より観光の主力として注力していることが多いです。
ネモフィラ
分類:ハゼリソウ科
別名:ルリカラクサ
学名: Nemophila menziesii
ネモフィラが咲くガーデン:ファミリーガーデンほか

カナダ西部からアメリカ合衆国西部、メキシコにかけてとアメリカ合衆国南部に11種が分布しています。耐寒性一年草で草丈は10〜20cm、茎は匍匐性(ほふくせい)で横に広がります。葉には羽状の深い切れ込みがあり、茎と葉に柔毛があります。花径は2cmくらいで、白に空色または青紫色の深い覆輪で、中心部に黒い点が5つあります。白色花もあります。属名は「林を愛する」の意味で、茂みの中の明るい日だまりに自生します。
リビングストーンデイジー
分類:ツルナ科
別名:紅波璃
学名:Dorotheanthus belliadiformis
リビングストーンデイジーが咲くガーデン:土壌加温フラワーガーデンほか

春光の土壌加温フラワーガーデンで、ひときわ目をひくこの花は、ピンク、オレンジ、黄色など、とてもたくさんの花色があり、4月の満開の時期はとてもきれいな花じゅうたんとなります。くもりの日や雨の日、午前中は花びらが閉じており、日が射す日中は光沢あるとても鮮やかな花びらが開きます。
ブルーボネット
分類:マメ科
別名:ノボリフジ
学名: Lupinus texensis
ブルーボネットが咲くガーデン:花の谷ほか

ブルーボネットは、アメリカテキサス州の州花で当園のシンボルフラワーでもあります。青い可憐な花が園内のいたるところで咲き誇ります。ルピナスの一種で、ブルーの小さな可愛らしい花弁がいくつも連なった形が可愛らしく、その花ひとつひとつの形が、アメリカ西部開拓時代に女性がかぶっていた日よけの帽子(ボネット)に似ていることからこの名前がつけられています。また、花が咲いた後には、エダマメのようなしっかりとしたマメが付き、その姿も面白いものです。ブルーボネットは、マメ科の一年草で、「のぼりふじ」とも呼ばれます。ルピナスの仲間ですが、一般的に知られているルピナスとは異なり、枝分れが多く、横に広い株になります。

その他の見ごろ情報

その他の見ごろ情報

●2017.1.16

3月に見ごろの花